不運な出来事が続いたなら奇跡の姓名判断の九占舎へ! その原因は貴方のお名前にあるのかも知れません。
いまイチオシ商品はこれ!

噂の夢の通訳機ポケトーク

女性が好きな香りはコレだった! 時間と共に変化する香り。

Zoff

高級印鑑ならこちら ☟

送料無料 Huawei P30 Pro P30 P30 Lite P30 Lite Premiumケース カラフル 可愛い 背面強化ガラス 耐衝撃 綺麗な ファーウェイ CASE カラフル 鮮やかな 多彩 高級感があふれ おしゃれ 便利 実用 人気 背面カバー 強化ガラスフィルム おまけ付き


感想(3件)

ホーム不幸を呼ぶ文字






  凶のPowerを持ち名前に使うのは不向きです
これらの文字を名前に持つすべての人が、不幸な人生を  歩むとは断言することは出来ませんが、あくまでもこれらの文字は過去の統計から得た情報ですから、参考にして貰えたらと思いアップをしました。
 しかし、これらの文字を赤ちゃんの命名に使用されることは極力避けて頂きたいのですが、どうしても使用したい時には、
当舎での命名鑑定を受けて下さい。

すでにお子様にこれらの文字を使用していて、健康不安が出ていたり不可解な行動が多いとか、学校でイジメ等にあっているとか、事故に遭いそうになったというお子様がいたなら、当舎での「簡易鑑定」を受けることをお勧め致します。

すでに成年に達している方で、社会への適応力がないとか、結婚が出来ない、離婚を繰り返した、病気に悩まされている人は、姓名の「運格以外の文字」が原因の場合も往々にしてあります。
過去の失敗を何度も繰り返すようであれば、いかに前向きに進んでも結果はついて
来ません。
また今まで以上の失敗をする可能性もあります。
凶運を招く文字には、想像以上の凶のPowerが備わっている場合もあるので幸運を
得たいのであれば、改名をして運気の向上を図るべきです。
改名に関しては「改名による開運」をご覧下さい。

 
なお、簡易鑑定をする前に「お問い合わせ」から、具体的な内容をお知らせいただければ、簡易鑑定での判断や改名が必要かどうかをお知らせ(無料)いたします。


  メールにてお問い合わせの場合には、お住いの都道府県と何年生れかをお知らせ願います。


 
幸福、幸運、希望、愛する、願うなどの意味を持つ『幸』の文字は、文字通り幸せを呼び込むことが多いと思われがちですから、名前にはよく使われます。
しかし、『幸』の文字を持つ多くの人は、本人や家族に不幸が襲い掛かったり、病気に悩まされやすく、幸福の裏返しの人生を歩む人が多い文字です。
とくに、女性の場合には良縁に縁が薄く、夫運も弱い人が多いので名付けの時には注意が必要と言えます。

【女性】幸(みゆき)、幸子、幸江、幸代、幸枝、幸恵、美幸
  【男性】幸則幸平、一幸、和幸、正幸、幸夫、敏幸、雅幸
例:藤田孝幸さん(63)~プロゴルファー藤田光里さんのお父さん。
2016年12月急逝されました。

最近の事故・事件に遭遇するか、自ら事件を引き起こした例で多いのが男性名で「幸」を持った場合です。


  「禾」は粟(あわ)の穂が丸く垂れている様で「粟の実りの喜びを口で表す」という字源です。
しかし、実った粟は、いつかはその重みに耐え切れず、垂れ下がって地面に落下して行きます。
”実るほど頭の下がる稲穂かな”のことわざもありますが、いかに謙虚に徳を積んでも、刈り取らねば実績として残ることはありません。
この文字を名前に持つ人の多くは、喜びや幸せは一時的なもので、いずれは病魔に侵されて手術をしたり、金銭的な大損害などの災禍に見舞われ不幸な人生を歩む運命にあるようです。
とくに、中年期までは人から羨望をされるほどの幸運に恵まれていても、晩年期は幸福から不幸へ転落をして、苦労の連続という運命を背負っている要注意の文字です。


【女性】和枝、和江、和子、和美、美和、和歌子
   【男性】和久、正和、和雄、和幸、和也、大和
最近では、この文字を女性に使うことは少ないように思いますが、もしもお使いの場合には、晩年期になってから病気に苦しむ事が多いので用心をすべきです。
特に姓名のSurfaceに同格現象がある場合には、大病にかかる危険度が
高いのでご注意ください。
男性の場合には、家庭不和や妻が病弱という現象を招きやすいので、姓名のバランスを保ってください。

  正しい、真っ直ぐな、整った、戒めるなどの意味を持つこの文字は、Start lineに並んだまま前に進む事ができず、物事が一向に進展しません。
折角チャンスが訪れても、家庭や仕事の事情でラッキーチャンスを逃してしまうことが多いようです。
また、新しいものにチャレンジができないとか、臆病なスタイルが身についてしまう文字です。

【女性】正子、正美、正恵
    【男性】正、正司、正和、正幸、正秋、正広、正洋、正一、正太郎

  慈しむ、与える、恩を施す、情け、賢いなどの意味を持つこの文字は、男女を問わず名前に良く使われます。
しかし、文字とは反対に自分以外の人の苦労を抱え込んで、薄幸な人生を送る暗示が秘められています。
しかも、身内ならまだしも、他人の苦労を抱え込むうちに不幸な道を自分から進むようになり、活力は低下して覇気もなく、年を経るにしたがって人生を諦めてしまい、孤独な晩年を過ごす文字です。

【女性】恵、恵子、恵美、由恵、恵美子、千恵、芳恵、千恵美、
      智恵子、多恵子、恵理子
   【男性】恵介、恵太、恵太郎、恵一、恵一郎、恵郎

  雅やか、淑やか、奥ゆかしい、美しい、あでやかの意味を持つこの文字を持つと、悲運や不幸といった悲劇的運命を背負いやすく、初めは良くても途中で挫折をしたり、結婚生活がうまく行かないなどの暗示がある要注意の文字です。
とくに、大病や大失敗に見舞われやすく、気がついた時にはズルズルと悪い運勢に流されて、再起不能に陥ることもあります。

【女性】雅美、雅子、雅代、雅恵、雅江、雅絵、雅奈
   【男性】雅人、雅彦、雅男、雅輝、雅和、雅巳

  この文字を名前に持つと、性格は両極端となりやすく、一か八かの瀬戸際に追い込まれ、背中に背負う荷の重さにいずれは潰れるという不運を暗示しています。
また人生において、突如として災禍に見舞われることも多く、せっかく苦労をして築き上げた基礎をあっという間に失ってしまう注意の文字です。
「人の上に人を作らず」という福沢諭吉の言葉がありますが、人の上に姓名が乗ると余計な苦労が多い様です。

【女性】人美、人見
   【男性】直人、正人、和人、勇人、秀人、暖人(はると)、逸人

  敵を倒す、戦いや戦に勝つ、まさる、優れる、耐えるの意味を持つこの文字は、「力を出して高く持ち上げる」の字源があります。
頑固・強情なのに退き際の見極めが悪く、勝の文字に名前負けをしてしまい、実力を十分に発揮出来ずに苦労をする人が多い文字です。
人生の流れの中で予想外の波乱や変動に遭いやすい凶相の文字と言えるでしょう。

【女性】勝代、勝子、勝恵、勝乃
   【男性】勝、勝也、勝男、正勝、勝利、勝彦、吉勝
     
  勝の文字を使用する名前は、時代の変遷とともに女性にはあまり見られなくなりました。
しかし、男性には使用をされることが多いようです。
中年期以降に運気が下降し、事件や事故に遭遇する人も多いので、姓名のバランスにはお気をつけください。
※例:花田勝、大杉勝男(故人)
  長い時間がたつ、時間がたっても変わらない。
時間的に長いという意味を持つ文字ですが、この文字を名前に持つと、人生において何事においても変化がなく、やることなすことが途中で失敗し、好運にも見放されてしまう事が多いようです。
現状からの脱皮を試みても、身内や家族の問題が起こり、流れを変えられず苦難の道を歩くことが多い文字です。

【女性】久子、久恵、久美、久美子、久仁江、久理子
    【男性】久、和久、久雄、久志、喜久雄
※例:武田久美子(離婚)
大場久美子(自己破産・離婚・パニック障害)
  素直、従順、逆らわない、おとなしいの意味を持つ文字ですが、余りにも周囲の意見に従うばかり自己主張に欠け、理想を追いすぎて失敗をしたり、周囲の人から孤立をして八方塞がりとなる文字です。
斜同格や横同格が絡んだ場合には、凶現象がはっきりとあらわれます。

【女性】順子、順奈、順恵(よりえ)
    【男性】順一、順一郎、順二、正順

  上に伸び上がる、上に成長するという意味を持つこの文字は、おもに女性の名前に良く使われる文字です。
『由』という文字には、「熟した果実が木の幹から熟れ落ちる状態」を示したものといわれ、落下した果実は、自力では元に戻れないことから、折角手に入れた幸せを取り逃がし、一家離散の憂き目に遭ったり、孤独な状況に陥ったりいう人生の暗示があります。

とくに女性は、夫や子供との縁が薄く、死別や離別となる人が多い文字です。

【女性】由美、由美子、由香里、由紀子、真由美、
    【男性】由之、由弘、由伸、和由、由和、由起夫

※最近話題となった方には、豊田真由子議員も「由」が付いてい
ました。
「今話題の人 豊田真由子議員の名前には大きな問題が・・・」

  日の光り、輝き、名誉、恵み、徳、大いに栄えるなどの素晴らしい意味を持ちますが、実際は燃え尽きて生気を失い、挫折をしたり、目の前に希望の光が見えても、そこには到達することができずに苦労を強いられるといった人生の苦悩を暗示しています。
『光』の文字を名前に持つ人は、配偶者や子供のことで頭を悩ませます。子供時代は良いことが多くても、後々苦労が忍び寄ることになります。

【女性】光、光子、絢光、光莉、真光子、玖光子
    【男性】正光、章光、光雄、光央、光良、宗光
  
   ※例:藤田光里、花田光司(貴乃花)、高村光太郎(光雲)

  まっすぐ、飾らない、正しいという意味を持ち、男女を問わず良く名前に使われる文字です。
この文字を名前に持つと、なぜか物事を真っ直ぐに見るという、せっかく持ち合わせた長所が生かせません。
そのため意固地で強情になり、周囲と協調性が保てずに失敗をすることが多い文字です。
スポーツ選手、公務員、医師や看護師には適している文字かも知れません。

【女性】直美、直子、直江、真直子
    【男性】正直、直之、直志、直樹、直彦、直道

  節目という意味を持つ文字です。
しかし、竹林の竹がズバッと割れてしまうように、ある時突然に運勢が傾き苦悩に苛まれることの多い文字です。

【女性】節子、節恵(たかえ)、節代(たかよ)
    【男性】節夫、節典、節靖、節義、節正

45
  男性の名前には、ほとんど使われることは無い文字ですが、女性の場合には文字が持つ美しい、麗しい、輝きがあって華やかという意味から使われます。
しかし、この文字を名前に持つと依存心が強く、身持ちが悪く、異性問題も起こすことが多いので女性の名前には不向きな文字といえます。

【女性】麗華、麗穂(あきほ)、恵麗(えり)恵美麗

  男性・女性を問わずよく使われる文字です。
情に厚い、素直、清い、豊かの意味を持つ文字ですが、男女ともに文字とは逆の凶Powerを持つことになり、家族縁が薄く苦労を強いられます。
とくに女性は気を付けましょう。

【女性】淳子、淳奈、淳美、淳代、淳穂
    【男性】淳、淳一、淳平、淳の介、淳之、信淳

  母屋の傍らにある小部屋、または花や実のつながったさまの意がある文字です。
この文字を名前に持つと「植物の実のようにたわわに実ることがない」とされています。

【女性】房美、房子、房江、房代
    【男性】房彦、房雄、元房、房基

  現代ではあまり使われない文字と言えますが、善良であるとか、清い、良い、人徳がある、しとやか、慎ましいなどの淑女的なイメージを描きますが、本質的にはむしろその反対の意味を持つとされています。
【女性】淑子、淑恵、淑乃、淑奈、淑美
   【男性】淑樹、雅淑、淑之、淑人

  女性・男性いずれにも多く使われる文字です。
語源は士(足あと)と心が一体となった文字です。
意味は心に決めた希望や目標、信念、相手を想う気持ちに対する厚意から金品を贈ることの意味を持ちます。
しかし、この文字を持つと自我が強く、偏屈・強情で人の意見を聞かずに突き進む悪癖が出るようです。

【女性】志保、志のぶ、志織、志麻、志津絵
   【男性】和志、志郎、孝志、誉志朗

     率直に申し上げて、これらの「春夏秋冬」を名前に付けることは、賛成が出来ません。
なかでも春子、春恵、春美、春樹、春生、夏子、夏恵、夏美、夏生、冬美、冬子、冬樹などの名前の人は、家庭環境に恵まれず、なかなか思い通りの人生を歩むことが出来ない場合が多いようです。
(運格画数にもよります)
また同様に春、夏、冬以外の秋を使われている方も、あまり良いとは言えません。赤ちゃんの名前を付ける場合には、避けたほうが賢明であるとともに、これらの文字をお名前に持たれて、現在が不幸だと思われているなら、当舎にご相談を下さい。

例:古川夏好さん
~昨年(2016)バンクーバーで被害に遭われた女性


 
まさに冬の寒さを想像する文字です。
このような自然現象を表す文字には『晴』『風』『霞』『茜』『霧』などがありますが、『雪』の文字を使った美雪、雪子、雪江、雪彦などのお名前は、「幸(ゆき)」または逝きにつながるためか、幸せとは相反する道を歩んで苦労をする人が多いのが特徴です。

参考:雪杏(ゆあん)

また、晴美、晴子、風子、霞、霧子、茜も雪同様に名前には不向きとされていますから、”姓名のバランス”にはくれぐれもご注意ください。
参考:彩風(はるか)

  『桜(さくら)』というお名前は、語源はともかくとして、美しい花はいずれはその役目を果たし、枯れ果てて落下をすることから、名前には不向
きとされています。
漢字の場合には、一字名となるので使い方を誤ると、幼少時は病弱であったり、成人になってから運勢が極端に下降をすることがあります。
また『蘭』『楓』『菊』『菫』も『桜』と同様に注意が必要。

 
 鉱物に関する文字も、人生での浮き沈みが激しいといわれています。
鉄人、鉄也、鉄生、銀次、金太、銅太郎などは避けたほうが良いかと思います。

   漢字名の悪い名前(画数)を平仮名(ひらがな)もしくは
カタカナ名にして、「運勢をおぎなう」というアドバイスをされているサイトもあるようですが、平仮名はもともとは漢字を崩したものです。九占舎では平仮名(カタカナ)名での命名をされた子供は、人生を生きて行く途中で運勢自体も崩れてしまい、恋愛や結婚の失敗、事業の失敗、家族との生き別れや死別が起きやすいことから、お名前での使用には賛同はしておりません。
※ ひらがな、カタカナ名は改名者にとても多いというデーターが出て
いますのでご注意ください。

ゆりこ、みどり、ゆかり、さと美、ふさ実、ゆき子、
ミドリなど。

 一字名の場合には、人生の途中で霊数1画が加わるので
細心の注意を払って下さい。
例えば名前の画数が吉運数でも(学、武、誠など)霊数が加わることで
凶運数に変わる場合が多々あります。
その場合には、天格や外格が大きく影響をするので注意が必要になります。

両親からの1文字取り
有名人・芸能人には数多くいらっしゃいます。
☆阿倍晋太郎→安倍晋三
☆長嶋茂雄→長嶋一茂
☆泰葉(海老名泰葉)さんは、故林家三平師匠(海老名泰)と母親の
海老名香葉子さんの両方の1文字を貰っています。



                             



  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス