夢をあなたに与え続けて27年。悩み事の解決は奇跡の姓名判断の九占舎へ!
いまイチオシ商品はこれ!

噂の夢の通訳機ポケトーク

女性が好きな香りはコレだった! 時間と共に変化する香り。

Zoff

高級印鑑ならこちら ☟

送料無料 Huawei P30 Pro P30 P30 Lite P30 Lite Premiumケース カラフル 可愛い 背面強化ガラス 耐衝撃 綺麗な ファーウェイ CASE カラフル 鮮やかな 多彩 高級感があふれ おしゃれ 便利 実用 人気 背面カバー 強化ガラスフィルム おまけ付き


感想(3件)

ホーム九占式の主要運格 



  九占式姓名判断は、新字体で鑑定をします。
(当舎は旧字体での霊導式は採用していません)

《 例: 歌手で俳優の誰もが知っている福山雅治さん》


  天 格
 
名字は生まれながらに持っていて、先祖から脈々と受け継がれてきたものです。
この名字の総画数が天格と言います。
例として掲げた福山雅治さんの場合は、天格は福山姓の総画数の16画になります。
天格は先祖からのいろいろな霊が込められていますが、九占式姓名判断では天格の吉凶は、他の運格とのからみで健康運、金銭運、結婚運などを判断する上でとても重要な運格としています。
天格が凶運数であれば、晩年の経済的な苦労を暗示することもあります。



赤ちゃんが生まれてから名前をつけられるまでの期間は、天格の影響を受けるといわれています。
天格が凶運数もしくは大凶運数だと、とても心配です。
そのようなことから、赤ちゃんのお名前は出来るだけ早く付けてあげてください。
九占舎では赤ちゃんの性別がわかった時点で命名をして、お名前を呼んであげる
ことをお勧めしています。

   人 格
人格は姓と名の接続部の画数です。福山雅治さんの場合には、人格は21画です。
人格は、その人の性格と財力や愛情運、健康運を暗示し、数え年36歳以降55歳迄の中年期から、壮年期に至る運勢に大きな影響力を与え、各運格の中では中心的な役割を果たします。

九占式姓名判断では、人格は運格のなかでは最も重要ととらえています。この運格が凶運数の場合には、本人や家族が病気や怪我に見舞われたり、事故や災害に遭遇するか、物事が順調に進まずに苦労が絶えないなどといった現象が起こります。

また、人格は天格と地格の間にあり、「天と地のつながり」と密接な関係にあるので、人格が凶運数だと他の運格が吉運数であっても運勢に悪影響を及ぼして
しまうのです。

    地 格
赤ちゃんが生まれた時に与えられる名前は名字とは違い、女性が結婚をしても変わる事はありません。
まさに人と名は運命共同体で、生まれた時からの運命を背負っています。
その名前の総画数が地格という運格です。
福山雅治さんの地格は、雅治の総画数ですから21画です。
地格は、数え年35歳までの人生前半の運勢に大きな影響を与えます。
地格が吉吉運数だと親からの愛情を受けて、恵まれた環境で健康に育つことができますが、逆に凶運数だと不慮の事故や大病に遭遇したり、親や兄弟との生・死別があるなど、不遇な幼少期から青春期を送りかねません。 

また青春期の恋愛運、金銭融通運に大きな影響を与えるので、出来る限り吉運
数にすべきです。


    総  格
総格は姓と名の総画数です。中年期から晩年期の運勢を反映します。
また、九占式姓名判断の運勢周期にも大きく影響します。
福山雅治さんの場合の総格は、37画の吉運数です。

  なお総格が19画、20画、28画などの大凶数だと中・高年期から晩年期にかけるに従って運勢が下降していきます。熟年離婚や子供や家族の失敗で悩んだり、財産を失うなどのトラブルが心配されます。

   外  格
外格は姓の人格に関わらない文字の画数と(例:福山なら福、宇佐美なら宇佐)、名の人格に関わらない最後の文字(例:雅治なら治、信一郎なら一郎)を加えた総画数です。
そのような事から福山雅治さんの外格は福+治で21画です。
外格は成功運や社交運・仕事運を支配し、家庭運や健康運にも大きな影響力を発揮します。
16画は男性が持つと出世も早く良い援助者に恵まれますが、女性の場合には晩婚、離婚&死別の暗示があるので注意を要します。

また、外格に4.9.10.12.14.19.20.26.28 画などの凶運数を持つと家庭運が弱く、結婚の失敗や仕事上での失敗、事故や病気にもつながるので注意を要します。
また19.20画の人は、癌などの大病と交通事故・殺傷刑罰に関する事件には要注意で、外格に4画や14画を持った場合には、家族との別れや癌には要注意です。
数と凶数は命名の注意点でお調べください。


これらの凶運数で26画に関しては、他の運格に左右されることが多いのですが、女性が26画を持つと(愛情運や地格、総格でも)子供との縁が薄く、不妊症で
悩んだり、たとえ子宝に恵まれても子育て面で苦労が伴うので注意を要します。

    社会運
交際運とも呼び運勢に大きな影響力は発揮しませんが、愛情運との関わりにおいて人生を左右する場合もある重要な運格です。
社会運は人格と人格に関わらない姓の文字の画数を加えた総画数です。
(例:福山雅治さんなら山+雅=人格に福を加えた総画数29、安住紳一郎さんなら住+紳=人格に安を加えた総画数24)よって福山雅治さんの社会運は29画の吉運数になっています。

ただし、社会運には運勢の支配力は非常に少ないことからあえて吉運数にすることはありません。

    愛情運
愛情運は、人格に名の人格に関わらない名の文字の画数を加えた総画数です。
(例:福山雅治さんであれば、山+雅=人格に治を加えた総画数24森山直太郎さんであれば、山+直=人格に太郎を加えた総画数24です)よって福山雅治さんの場合の愛情運は24画です。
愛情運は、家族や親子関係、学校では先生や先輩、職場では上司、部下などとの関わり合いや、恋愛・結婚運に大きな影響をあたえる大切な運格です。
愛情運に関しては『愛情運が大切なわけ』をお読み下さい。

   内格A
内格Aは数え年35歳までにおける本人の内面的充実度を推察する運格です。
内格Aは天格の第一字と名の第一字を加えた総画数です。
福山雅治さんの内格Aは26画です。

   内格B
内格Bは生まれてから数え年35歳までの内面的幸福感を推察する運格です。
凶数の場合には親に無断で家出をしたり、勝手に職場を辞めたり、反抗的な行動に走ります。
内格Bは天格の第一字以外の数と地格の第一字以外の数の総画数です。
福山雅治さんの内格Bは11画です。

   生気運
九占式姓名判断のSurfaceを分解した時点での社会運にあたります。 
 援助運とも呼び生気運の果たす役割りは重要でかつ強大です。

生気運は表面だけの交際でなく、お互いの人間関係が作り出す精神的、物質的な能力のすべてを支配している不思議なパワーを持つ運格です。

生気運が吉数だと、金銭融通運に恵まれ、周囲からの援助や協力運も強く、結婚も良縁に恵まれます。

また病気にかかっても軽く済んだり、良い結果を得ることができます。
16画や23画を持った場合には、出世も早く指導的役割を果たしたり、トップの地位に立ったり、希望や目的を意外と早く達成することが出来ます。

逆に凶数だと、余り目立たず控え目で活力に欠けます。

出世もしないし、病気にかかりやすくなります。
数のなかでも19画、14画などの大凶数を持つと、家庭不和、争いごと、病難、金銭の損害、金銭苦労などが起こりやすくなり苦労や不運が伴います。
そのため家庭・社会での吉凶禍福の総てを操る奇跡的な面が秘められています。

福山雅治さん
の生気運は17画で意思信念が強く技芸に卓越をした才能を持ち、大変な頑張り屋さんですから周囲の援助にはとても恵まれているとなります。





愛情運が大切なわけ《命名時には重要です》
愛情運は意外と姓名判断では知られていない運格です。
他の姓名判断でも無視するサイトも結構ありますが、九占式姓名判断では、愛情運と社会運の関わりはとても重要だと考えています。
特に赤ちゃんの命名の場合には、愛情運は吉運数にするよう心掛けています。

《愛情運とは》
それでは愛情運とは一体何かを簡単に説明しておきます。
愛情運とは「生れて来た環境」の中で、両親からの愛情や教育、しつけが素直に受け入れられるのか、それとも反発をして孤独となり偽我の道に踏み込むのかなど、人を善や悪に導く大きなパワーを持っています。

他の運格が吉数であっても、愛情運が凶数であれば、他の運格(人格・地格・総格・外格)の軌跡まで変える程の影響力があります。


数であれば、家庭を大切にし他人への思いやりがあり倹約心も旺盛ですから、浪費をせず地道に蓄財をします。
また責任感も強く、父母を助けて兄弟の面倒をよく見ます。
結婚は良縁をものにして、幸せとなる結婚をする事が可能で家庭は円満です。

一方、下記の姓名のように愛情運が凶数の場合には、家庭的な問題や親と子の関係の悪化、そして交友関係や社会での人間関係で様々な難題に直面をすることになります。


とくに20画や19画、26画、28画などの大数であれば、親の不幸を一身に背負い、早い時期から親元を飛び出すか、両親が離婚または死別をするなどの悲しい出来事が続き、寂しい環境に身を置くことにもなりかねません。

また外格も凶運数であれば、結婚後に相手が病弱で健康不安に陥ったり、夫婦関係が破綻し別居や離婚という悲しい結果を招きます。

また男性であれば、家を留守にしがちで夜遊びに夢中となるか、常に出張が多く家庭内での家族団欒が得られず、浮気問題も発生しです。

一方、女性の場合には、仕事を持って働きに出ることが多く、結婚や家庭内の問題で苦労を強いられます。


愛情運が凶数であれば、社会においても年長者からの援助や引き立て運が薄く、会社では人間関係で苦労をします。(社会では良い教師や上司に恵まれず引き立て運にも恵まれません)
以上のことから、愛情運は必ず吉運数にするべき運格です。

  男性の愛情運が19画、20画、26画、28画の場合は、親子や兄弟に縁が薄く、孤独を好むことから結婚には不向きです。
たとえ結婚をしても、常に争いごとが多発して離婚に至るケースが多く見られます。
女性が愛情運に凶運数を持つと、結婚相手に恵まれない場合が多く、たとえ結婚をしても相手の男性が遊び好き賭け事好きであったり、浮気性であったり、病弱短命型なので、常に不満を抱きながら暮らすことになります。
まず良縁とは縁がない人生を送ることになりますから、女性は愛情運が人生を左右すると言えます。
なお男女とも愛情運に26画を持った場合には赤ちゃんに恵まれにくく、たとえお子様が出来たとしても”子育てに苦労”をすることが多く、子供を虐待したり、子供の登校拒否などで苦労をします。







                             




  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス