九占舎は開運改名で悩みや苦悩を解決し幸福へと導きます。














テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ



ホーム改名で幸運をつかむ

    
名をご希望の方へ


 最近、開運改名を希望される方のお問い合わせが増えています。
確かにお名前が凶運名であれば、吉運名の人に比べて、不幸な災難や不運と言われる凶現象に巻き込まれる確率は高まります。
姓名本体(Surface)の運格があまりにも悪く不運続きであったり、SurfaceかClass-1に病気や事故に遭うか、犯罪に巻き込まれる恐れのある同格現象が見られたリ、名前の文字に使用をしたなら、凶運を招く文字が入っていたなら、迷うことなく改名をすべきです。

開運改名を迷っていま以上に状況を悪化させて、後々悔やむよりも新たな気持ちで「名を変えて」目の前に立ち塞がる現実に挑戦をすべきなのです。
また良くある質問に、名前を変えたなら戸籍も同時に変えなくては効果が出ないのではという人も居ますが、そのような事はありません。

あなたの周りを見渡せば、知り合いの一般人には改名をした方は少ないでしょうが、歌手や俳優などの芸能人、関取や野球選手・プロゴルファーなどのスポーツ界など様々な職業の人が改名をして成功をしています。
それらの人たちの多くは戸籍は変えていません。

当舎においても、生れながらに好きでない名前を持った方や仕事上での不都合がある方、結婚に際して相手の名字との相性が悪いという理由で戸籍を変えたという人はいますが、それは一割に満たない数だと思われます。

改名をしても無理に戸籍を変える必要はありません。

しかし、改名をご希望の方は、最初に「改名ありき」と思い込んで相談をしてくる方も多いようですが、果たして本当に改名が必要なのかを知る必要があります。
自分がどのような運勢を持っているかをしっかりと把握し、今後にどのような試練が待ち構えているのかを知るべきでしょう。

そのためには総合鑑定を受けて、いまの状況で進むのか、それとも改名をして運気の向上を図るのかを決断すべきです。
なかには画期的に運勢の変化を見せて、幸福へ向かう可能性もあるのです。
なお、他の無料サイトや他の鑑定を受けて、大凶名だから改名をしなさいと言われた人には「改名の必要なし」という結果が出た人も多数いらっしゃいます。
過去に不幸な出来事があったからといって、一生不運な運勢を背負う人もいれば、ある年齢を過ぎてから、画期的に良くなる人もいるのです。

九占式姓名判断は、何歳頃にどのような出来事が起きるのかを詳しく鑑定して、今後も不幸な人生が待ち受けている方のみ、開運改名をお勧めいたしております。
お問い合わせの場合には、お住まいになっている都道府県と貴方の生年月日を必ずお知らせ願います。


 以前、当舎を訪れた男性相談者に、幼少時に父親を不幸な事故で失い、その後母親とも離れ離れに生活をするという、不運な青春期を送った方がいました。 聞けば彼は成人後、恋愛結婚をされたのですが、残念なことに子宝に恵まれず、徐々に夫婦間には隙間風が吹き込むようになり、結果的には離婚に至ったそうです。

 時を同じくして不運なことに、お仕事ではリストラにあい「八方ふさがりの状況」で当舎を訪れたとのことでした。
私は彼のお名前を様々な角度から鑑定をしましたが、余りにも多くの問題点が姓名にあらわれていたのです。

 問題点のひとつは、彼の名前は幼少時に亡くなったお父様の名前の一文字を使っていて、Surfaceの運格には、多くの大凶運数が見られました。
このままでは、一生不幸な人生を歩む恐れがあったので、私は迷うことなく「親からの一文字」を取り去り、凶運数の運格を吉運数に変えることをお勧めしました。

しかし、彼からは予想外の答えが返って来たのです。
「私の名前は、死んだ父親から貰った名前なので、改名をするつもりはありません!」

過去の経験からいえることですが、開運改名という行為に踏み切る段階で、様々な理由を述べる方がいらっしゃいますが、やはりこの男性も「自分のお持ちになった運勢のしがらみ」から抜け出すことが難しい人だったのです。
その後、その男性がどのような道を進まれたのか分かりませんが、
それもご自分で選んだ運命なので仕方が有りません。

※名は体をあらわすとも言われますが、名前は運勢に影響を与えるのは確かなことです。

「悲運な運勢を持った有名人」には、数名のパターンを記していますので参考にして頂きたいと思います。



不思議なことに今迄の経験では、鑑定の結果が悪い人ほど改名に異を唱える人が多いようです。
改名に対しての反論をされる方には、以下のような言い訳が多いのが特徴です。

 親や祖父母が付けてくれた名前だから(親が良い運勢を持っていれば、多くの場合には改名をするような凶名はお持ちではありません)

 自分の名前は或る有名な先生に付けて貰い、とても良い吉名だと言われたから改名は考えていません
 自分はこの名前が気に入っているから

 いまさらこの年齢で変えてもどうなるものではない

 きっと周囲は反対し、認めてはくれないだろう
 知人が改名をしたけれど、良くなったとはどうしても思えない等々のお客様ですが......


しかし、「親や祖父母が付けてくれた」という理由で改名を諦めても、自分自身の運勢が悪ければ、結果的には親や周囲の人に迷惑をかけてしまう人がほとんどです。
これでは「親孝行とは言えず親不幸」となってしまいます。

また有名な先生に・・という場合が多いのは、鑑定法にもよりますが、いちばん多いのは新字体と旧字体での判断の相違です。
すなわち鑑定方法が変われば、その人の運命の吉凶も大きく変わってしまいます。
ちなみに当舎での鑑定は、新字体での鑑定となっています。
鑑定方法にもよりますが、現在では新字体での鑑定が主流になっています。



改名前のお名前に、斜同格
(*1)(因縁線、本殺、鬼門線)といわれる同格が連続していたり、凶数同士の横同格がある人は、改名をしても即効果は期待出来ません。
少なくても3年間は辛抱強く、名前を使い続ける事が大切です。

(*1 )斜同格とは
愛情運と社会運が同じ数か平行同格、基本数同格などになる場合に起きる同格現象です。
この同格現象の象意には、様々な悪因縁を引き起こすことも多く、凶数同士の場合には注意が必要です。

〈斜同格によるおもな現象〉
 転居・転職を繰り返す
 大病で手術をする(女性は婦人科系疾患が現れやすい)
 癌や膠原病などの大病にかかりやすい

 善悪正邪の見極めがあり直感力に富むが短気で怒りっぽい
 気分が常に落ち着かず神経過敏であったり自立神経失調症
  気味である
 交通事故や殺傷事件に巻き込まれやすい
 素直さに欠けいつも自分の正当性を主張する
 原因不明の病気に悩まされ自傷行為に走る
 自殺行為に走る
以上の他にも多くの凶現象があらわれますが、この同格現象は非常に影響力が強いため様々な連鎖的反応が起こります。
男性に斜同格があれば、妻子や恋人にも影響が現れ、自分に斜同格がなくても、妻や恋人、身近な人にあれば、貴方自身に害が及ぶこともあります。

(*2)横同格とは
人格と外格が同じ数か、
平行同格、基本数同格などになる場合に起きる同格現象です。
この同格の象意は、吉数同士の場合ひとに親切で社交的であり、良く面倒を見るなどの吉面はあるものの、嫉妬深く大金が出ていくという凶面も持ち合わせています。
凶数同士の場合には、様々な悪害を及ぼすこともあるので、要注意の同格現象といえるでしょう。

<横同格のおもな現象〉
 金銭損害が起こり金銭トラブルに巻き込まれる。
 嘘を言うのが上手く身内でも中々見抜くことができない。
 平気で浮気をしたり、恋愛の失敗や結婚の失敗が多い。
 大病にかかり夭折をしたり、自殺や他殺など死に至る
  ケースが多く見られる。
 商売をしている場合には必ず失敗をして借金地獄に陥る。
この他にも様々な象意が現れますが、特にSurfaceとClass-1に
連続をした横同格があれば、当舎で鑑定を受けるか改名をするべきです。

【横同格の例】



実在のお名前です。黒田美貴さんは、愛媛県松山市で殺害をされた女性のお名前。
平野達彦名は、兵庫県淡路島洲本市で5人殺害事件の容疑者の名前です。人格と外格が入れ替わっただけの横同格ですが、意味は全く違うものの横同格の凶現象を暗示しています。



戸籍名を改名するには法律上で厄介な条件があります。
ここでは生活上の改名(通称名)をする時の注意点を述べます。
 名前の読みはそのままで文字を変える
最も無理なく改名をするには、名前の読みはそのままで文字を変えて運勢を変える方法です。
(改名例)
佐藤 重幸➔戸次 重幸(俳優)
阿藤    海   ➔阿藤 快(俳優)
奥田 英二➔奥田   瑛二(俳優・映画監督)
坂崎 幸二➔坂崎幸之輔(ミュージシャン)
山村 幸恵➔柴咲 コウ(歌手・俳優)
さかもとえり➔ともさかりえ(タレント)
星 美里➔夏川 りみ(歌手)
仁科 明子➔仁科 亜季子(俳優)
梨田 昌崇➔梨田 昌孝(前日本ハムファイターズ監督)
松井 和夫➔松井  稼頭央(楽天イーグルス)
尾崎   正司➔尾崎 将司(ジャンボ・尾崎 プロゴルファー)
※ 鈴木 一朗➔イチロー(メジャーリーガー)

名前だけ、あるいは姓名を変える(芸名、作家名など)
名前の音に問題がある場合や、同じ読み方で良い文字が見つからない時は、名前だけ変えます。
改名を芸名やペンネームとして使う場合は、姓と名の両方を変えた方が浸透しやすいので、姓名を変えた方が良いでしょう。

 改名後の注意点
改名後の注意点はいろいろとありますが、改名時の「改名鑑定書」で詳しくお伝えを致します。

なお鑑定を受けた後で良くある質問に「私の名前がこんなに悪い運勢を持っているとは信じられない?」
「ここは、悪いところばかりを粗探しをしているのでは?」
「私の名前が悪いと言うけど、良い名前の人はいるの?」
など
と疑心暗鬼に陥った方も過去に大勢います。
しかし、自我を捨ててあなたの人生を真摯に振りかえってみれば、当舎が言っている事は良く理解が出来るはずです。




九占舎のポリシー
 
当舎の方針として、九占式姓名判断の鑑定結果により、その方の持つ運勢が名前の影響を受けて、生涯多難な人生を歩まれるか、今後大きな事故・天災や大病により生死の境をさまよわれる等の恐れがあれば、開運の手段として改名をお勧めしております。

ただし、改名を決断するのはお客様ご自身であり、無理にお勧めする事は一切ありません。
姓名判断という運勢鑑定法は、目には見えない運命をお名前から予見し、結論を見出すものですから、ご本人が十分に理解をされ納得が得られなければ、命名者と改名者の相互信頼は得られず、好結果は得られないと思っています。

改名をすることで多くの方達は、運命が変わり好結果が出ていますが、半信半疑で改名をされるなら、すぐに結果が出ることはまれなので、改名は諦めたほうが良いでしょう。
改名後、改名をしたのだから運は良くなると、努力もせずに他力本願の生活を送っているようなら、改名効果は現れません。



 
ここを訪れた人は下記のブログもよく読んでいます
(FC2blog 髭のプーさん日記FC2 参考記述)

● 改名による開運
●   改名をしたけれど(プーさんの隠れ家)
●   名前に19画を持つと
● 名前に14画を持つと
●  名前と病気の因果関係





                             



  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス